nagasi
シャーメゾン土地活用メールマガジン

9月です。これからは徐々に、そよ風が心地よい季節になっていきます。気候が変わりやすい時期なので、体調管理に気を付けて過ごしましょう。今回は、自宅と賃貸を兼ねた「賃貸併用住宅」についてメリットをお伝えいたします!

土地活用 サクセスマガジン VOL.18
人気の賃貸併用住宅、どんなメリットがあるの?

土地活用 サクセスマガジン VOL.17 住んでいる場所と離れている土地でも、賃貸経営はできる?

今回教えてくれるのはこのガイド
All About「土地活用」ガイド:谷崎 憲一氏
自らアパート・マンションなどの大家業を営む傍ら、地主さん家主さんの抱える様々な問題の相談機関としてコンサルティング会社を経営。
各種セミナー・講演会実施、新聞発行などを行い、賃貸経営についての
多くの相談に応えている。


いま、自宅と賃貸住宅を同じ建物内に収めた「賃貸併用住宅」を選ばれる方が増えています。その人気の理由はどこにあるのでしょうか。専門家が解説します!


Point 1金銭的なメリットが期待できる


まず、自分と家族が住む「専用住宅」であれば、当然、第三者から家賃収入が入ることはありませんが、自宅以外のスペースを貸し出す「賃貸併用住宅」は、入居者がいる限り、毎月定額の家賃収入を得ることができます。

さらに、条件によっては、「アパートローン」より金利の安い「住宅ローン」を賃貸部分に対しても利用できるのが大きなポイントです。住宅ローンは、建物全体の面積のうち半分以上が自宅であることが必要ですから、土地の広さや建築予定の住宅の規模を考慮して、「住宅ローン」の利用も選択肢にいれておくのもおすすめです。


住宅ローンを利用できれば、アパートローンに比べて返済額が少なくなるという大きなメリットが! これは見逃せませんね。


Point 2賃貸部分が1戸だけでも、経営可能です!


そもそも賃貸併用住宅は、自分と家族が暮らすために必要な「自宅」がベースになるので、初期費用は自宅+α程度から可能。自宅専用住宅1棟+賃貸専用住宅1棟の計2棟を建築する場合に比べると、必要となる敷地面積が小さくなります。


コンパクトな敷地でも、上方向に広げることで、収益アップの可能性が高くなります。


Point 3入居者様との関係も、心配無用です


オーナーにとって多くのメリットがあるといっても、同じ建物に住むにあたっては、入居者様との関係に不安を覚える方もいるもしれません。でも、事前にちょっとした配慮をすれば、ほとんどの悩みを解消することができるんです!

配慮するポイントは、騒音とプライバシー問題です。

騒音を抑えるためには、遮音性の高い建材を使用するのがベター。衝撃を吸収するクッション性の高い床材を使ったり、押し入れやクローゼットの配置や間取りを工夫したりするのも効果があります。また、プライバシーをしっかり守るために、入居者様専用のエントランスをつくったり、お互いの様子が見えないレイアウトにしたりなどの工夫を。

さらに、管理会社に賃貸部分の運営を委託して、入居者様対応を管理会社に任せることもできます。


事前に防音配慮とプライバシーの確保を意識して設計すれば、オーナーも入居者様も、双方が気兼ねなく生活できます。


ここがポイント!

賃貸併用住宅は、金銭的なメリットが多い上に、賃貸部分が1戸からでも経営が可能です。また、お互いが快適に暮らしていくための配慮を十分に行う事ができれば、魅力的な選択肢といえるでしょう。




バックナンバーはこちらから >>

今月のプレゼント

一保堂茶舗「抹茶お楽しみセット」


グレード違いの抹茶「缶入り」「箱入り」、グラニュー糖を混ぜた「宇治清水スティック」の合計3種類の抹茶を詰め合わせた『抹茶お楽しみセット』。抹茶を飲んだ後のお口直し用に、ほうじ茶のティーバッグが入っているのも嬉しいポイントです。この秋は、リラックスした気分でじっくりと賃貸住宅経営を考えてみてはいかがでしょうか。

●当選者数:3名様
●応募締切:2017年9月30日
※当選の発表は商品の発送にかえさせていただきます。

プレゼントイメージ

<おすすめしてくれた方>
All About「日本茶」ガイド:市川 雅恵 さん

<おすすめコメント>
抹茶数種類と茶筌、茶杓、茶漉しがセットされています。グレード違いの抹茶2種に、お子様も喜んでゴクゴク飲める加糖タイプの「宇治清水スティック」。使い方のガイドもついているので、さまざまな抹茶の楽しみ方が広がります。

プレゼントのご応募はこちらから >>



賃貸住宅の実例をご覧いただけるイベント シャーメゾンフェスタに参加しませんか!

お問い合わせイメージ

シャーメゾンフェスタは、積水ハウスの賃貸住宅シャーメゾンのお引渡し前の実例をご覧いただける全国イベントです。建物を外から内からご見学いただけるだけでなく、各種相談やご質問にも賃貸経営の専門家が対応させていただきます。お気軽にご参加ください。

お近くの会場情報はこちらから >>



【ご案内】
メールマガジンの配信停止やメールアドレスの変更をご希望の方は、 こちらより、お手続きをお願いいたします。