シャーメゾンガーデンズ

シャーメゾンガーデンズ 5つの環境プレミアムが、大切な土地の価値を育みます。

5つの環境プレミアム

街や自然、住む人など、様々な視点から敷地環境を高める「5つの環境プレミアム」をコンセプトに、「シャーメゾンガーデンズ」をご提案。敷地いっぱいに広がるのは、人が集い、緑あふれる環境です。大切な土地の可能性を最大限に引き出し、「いい環境」を経営の力に変えて、時を経てもゆるぎない価値を育てます。

シャーメゾンガーデンズ実例を見る

街並みとの調和

魅力の相乗効果で、価値を高める。

周辺環境への影響が大きくなる複数棟計画。街並みの一員として、敷地全体で周辺と調和することが、物件の魅力を高め、入居者に選ばれ続ける大切な要素になります。

建物・外構の計画
街並みの雰囲気を見極めることが大切。閑静な住宅地や緑の多い街区など、周囲の街並みと調和するよう建物・外構をトータルに計画します。
配棟計画
住棟の向きや、道路からの距離感など、建物の配棟計画も街並みの景観を大きく左右する要素。眺望なども考慮しながら計画します。

自然環境の保存と再生

入居者の心をとらえる豊かな緑の設計。

豊かな緑は、入居者が心地よく暮らすための大切な要素。
敷地内の緑の設計も入居率を高める大きなポイントです。

高い緑化率
積水ハウスではゆとりの配棟で10%以上の緑化率を推進。入居者にとって魅力的な敷地環境を創ります。
「5本の樹」計画
3本は鳥のために、2本は蝶のために、地域の在来樹種を植える積水ハウスの「5本の樹」計画。またその土地に昔からある樹を保存し、シンボルツリーとして再生するなど、時とともに豊かさを増す環境を実現します。

グッドデザイン賞受賞「5本の樹」計画

環境負荷への配慮

エコロジーと快適さの両立をアピール。

住むだけで環境に貢献でき、より快適に暮らしながら光熱費も削減できる「エコな賃貸住宅」で、高付加価値を実現します。

配棟計画や植栽の工夫
光や風を上手に取り込む配棟計画や、日射しを調節する植栽配置も、冷暖房に頼らない快適さへの工夫です。
先進設備の導入
太陽光発電システムは、光熱費削減や売電による経済効果が入居者の魅力に。省エネ機器と組み合わせれば、さらに快適です。
高い断熱性・気密性
建物全体で断熱性・気密性を高め、1年中、快適に暮らしながら省エネルギーに貢献します。

グリーンファースト

安心・安全をもたらす設計

敷地計画と設備の両面から実現。

共有スペースの多い賃貸住宅では、敷地内での歩車動線とセキュリティに配慮することが大切です。

歩車動線
安全性を考えると歩車分離が理想ですが、敷地形状や進入路の状況によっては歩車共存の計画が有効な場合も。歩車共存でも、植栽で区画したり舗装の変化などで安全性が高まります。さらにスロープを取り入れるなど、ユニバーサルデザインにも配慮します。
防犯への配慮
敷地内に死角をつくらない配棟計画を。オートロックのゲート、暗がりをつくらない照明計画、防犯合わせガラスも有効です。

快適性を高める設計

日々の心地よさを敷地全体にデザイン。

敷地全体で入居者の心地よい暮らしを計画することが、物件のイメージアップとなり、価値を高めることにつながります。

プライバシーの確保
樹木を活かして外部からの視線を遮ったり、住棟間の距離や窓配置などに工夫して一棟一棟を計画。入居者のプライバシーをトータルに高めます。
豊かなコミュニティデザイン
入居者の自然な交流を育むコモンスペースや、近隣の人々との交流を生むようなオープンスペースなどを、敷地に合わせて計画。
サインや照明計画の工夫も、快適なコミュニティづくりの重要な要素です。

実例紹介

環境力と個性を特化させ、 賃貸住宅の枠を超える 新たな価値を創造。

広々としたコモンスペースを囲むように建物を配置し、敷地内には「5本の樹」計画に基づく植栽が施されています。また、一戸建てタイプ、太陽光発電システム搭載など、それぞれに個性を付加し、住む人にとってステイタスとなるような魅力ある物件が完成しました。

時とともに風格を増す、 洗練された佇まいを追求。

豊かな植栽や階段状のアプローチなど、建物の上質さはもちろん敷地全体で、街並みに調和しながら、時とともに趣を深めるよう設計。
竣工から15年を経て、木々の成長とともに風格ある街へと育ち、ますますその魅力を高めています。