土地活用・賃貸住宅経営
環境

太陽光発電システム

太陽光発電で環境配慮と収益性アップを両立。経営力を高める最適な活用をご提案します。

環境に優しい太陽光発電を経営に活かせるよう、発電した電力を入居者が利用する「入居者利用型」や 発電した電力をすべて売電する「オーナー売電型」など、太陽光発電システムで創った電力は、経営スタイル や敷地条件に合わせて活用方法が選択できます。

太陽光発電で環境配慮と収益性アップを両立。経営力を高める最適な活用をご提案します。

入居者利用型

入居者利用型
発電した電力を各戸に振り分け。物件の付加価値が高まることで家賃のアップにつながります。
メリット
  • 入居者の光熱費削減と売電収入により、高めの家賃設定が可能。
  • 周辺物件との差異化が図れ、競争力のある経営が可能。

オーナー売電型

オーナー売電型
発電した電力をすべて売電。家賃収入に売電収入が加わって収益力が高まります。
メリット
  • 固定の買取価格で、安定収益が見込めます。
  • 発電容量が10kWを超える場合は、「全量買取制度」が利用でき、長期の売電収入が確保できます。
賃貸住宅経営に役立つカタログセット無料プレゼント中!
「無料カタログプレゼント」はこちら
PCサイト