土地活用・賃貸住宅経営

セキュリティ

万が一に備える防犯対策は、経営対策でもある。

「防犯」は、賃貸住宅選びの重要なポイント。
積水ハウスは、犯罪心理や手口を分析し、独自の3つの視点にもとづく防犯メニュー「セキュリテクトスタイル」をご用意。
入居者の暮らしを守り、安心感を高めることが将来にわたる安定経営につながります。

集合住宅こそ、防犯対策が重要です。

集合住宅の侵入窃盗被害件数は、戸建住宅の約2割増。 侵入窃盗認知数に対して検挙率は約50%

積水ハウスは3つの視点で物件ごとに最適なセキュリティ対策をご提案します。

知らせる防犯
ニーズで選べる2つのホームセキュリティシステム。

侵入を感知し、設定した通知先に知らせる〈侵入感知&音声通知システム〉や大手警備会社による〈警備員駆けつけシステム〉をご用意。万が一の被害を最小限に抑えます。

侵入感知&音声通話システム
警備員駆けつけシステム
見える防犯
狙われにくい賃貸住宅を、敷地全体で計画。

防犯対策で重要なのは、「見るからに侵入が難しそうな建物」という印象を与えること。侵入者が敷地内に身を隠しにくい照明や外構計画など、敷地全体で防犯対策を図ります。

人の接近に反応して照らす「人感センサー付屋外照明」
外出時でも在宅を演出する「屋内照明タイムスイッチ」
不審者の姿を映し出す「録画機能付カラーテレビドアホン」
守る防犯
開口部の防犯性を高め、侵入されにくい建物に。

万が一敷地内に入った不審者は、防犯アイテムで建物への侵入をブロック。玄関、窓などの開口部や1階住戸の防犯性を高め、侵入者を拒むシェルターとしての建物をご提案します。

“ガラス破り”による侵入を困難にする「防犯合わせガラス」と「2ロック」
開口部を徹底的に守り抜く、多彩なアイテムをご用意。
  • ※積水ハウスの「セキュリテクトスタイル」は、防犯性能を高めるためのものであり、犯罪の防止を保証するものではありません。
賃貸住宅経営に役立つカタログセット無料プレゼント中!
「無料カタログプレゼント」はこちら
PCサイト