ファミリー向け高級賃貸

CASE トリニティ北川口 ユニティ北川口

旧邸への愛着に応えた自宅併用マンションと、先進の暮らしを描く都市型賃貸マンション。地域のランドマークとなるハイグレードマンションの2棟です。

14階建てのシリンダー棟の両側に、10階建てのウイング棟を配置。太陽をモチーフにデザインされた「トリニティ北川口」。

2棟目の「ユニティ北川口」は、和と洋の対峙と調和をテーマに計画。和瓦を載せた塀で敷地を囲み、その中に孟宗竹と玉砂利の庭を設けた和のしつらいに。ガラスのカーテンウォールが緊張感を演出する洋のファサードとの対比で印象的に演出しました。

これら2棟に共通するのは、豊かな暮らしの基盤となる「住まい」を追求し創造する思いです。地域をリードしイメージアップにもつながった成功物件です。

都心・梅田から地下鉄で5分という好立地での広大な土地の有効活用。
1棟目の「トリニティ北川口」は、ご先祖代々の繋がりと思い出があふれる土地を活用した自宅併用の賃貸マンション。150年以上の歴史を持つ旧邸の空間を活かしながら、次代へ魅力をアピールできる建物を計画しました。
ランドマークとなるアール形状は、住む人を迎え入れる温かさと柔らかさを表現。さらに眼前に広がる淀川との一体感を重視することで、開放感も演出できました。

月をデザインモチーフにした「ユニティ北川口」。ガラスと金属のカーテンウォールがクールさと緊張感を演出。話の趣で仕上げた塀や孟宗竹と美しく調和しています。
「トリニティ北川口」では、集会所として旧邸の和室を復元し、最上階のオーナー宅にも旧邸の部材を再利用するなど、オーナーの愛着に応えました。
屋上からは、淀川越しに大阪の街を一望できます。

CASE エタン・リジェール

京都・北山の街並みに調和する高級賃貸マンション。事業性を最大限に実現しつつ、洗練された美しさを主張します。

写真上:落ち着きあるカラーと堂々とした佇まい。閑静な住宅地にあっても、ひときわのグレード感が漂います。 写真左下:ガラスブロックが印象的な、高級感あふれるエントランスホール。 写真右下:2方向の開口から自然光が入る、明るい居室

京都・北山通りにほど近い住宅地内での、農地を有効利用した3階建て賃貸マンション。第1種低層住宅専用地域という厳しい立地条件の中、オーナーさまの土地の有効活用と相続税効果を最大限に実現しました。

総戸数10戸の住宅は、それぞれの配置特性を活かし、専用庭、ルーフバルコニー、可動間仕切りなど、特色あるプランメニューをご用意。個性とグレード感にこだわる、多彩な入居者ニーズに応えています。

素材感の異なる複数の壁面を巧みに組み合わせた外観デザインは、モダンで洗練された印象。夜間には壁面をライトアップし、昼間とは異なる趣を醸し出します。

閑静な街並みに調和しながらも、ハイグレードなアクセント をそえる1棟となりました。

お問い合わせはお近くの特建支店まで

  • 東京特建支店
  • 大阪特建支店