物流施設の実例

CASE センコー札幌第2PDセンター

広大な農地を物流センターとして活用。デザイン性を高め、「倉庫」のイメージを一新しました。

写真上:質感の高い白いタイルにバルコニーの黒いスチールのラインが印象的なアクセントを添えるモダンな佇まい。 写真左下:らせん階段でつながる1、2階のオフィス部分。 写真右下:開口部は、大通り側にはあまり設けず、中庭側に設定。各階すべての部屋から中庭を臨めます。

新たな物流拠点を探していた事業主と土地オーナーさまを積水ハウスが結び、札幌郊外にある4,500坪の農地にデザイン性あふれる外観の物流センターを建築しました。
定期借地権を活用した事業です。
デザインコンセプトは、これまでの「倉庫」のイメージを覆すこと。「外観のカラーは単色」「倉庫と事務所を1棟にまとめる」といった既成概念にとらわれず、新しい印象の建物を目指しました。

倉庫と事務所は別棟とし、2棟構成に。札幌をイメージさせるレンガ色をアクセントカラーに採用し、メタリックな外観の中に組み合わせることで、印象的な佇まいをつくり上げています。

お問い合わせはお近くの特建支店まで

  • 東京特建支店
  • 大阪特建支店