税務の専門家がポイントを解説 TKC税務講座

成功する土地活用においては、経営者として、めまぐるしく変化する時代のニーズを読む力が常に求められます。

全国の税理士・公認会計士10,000名超で組織する、わが国最大級の職業会計人集団「TKC全国会」。その会員として活躍し、資産活用に精通した税理士が、社会動向を見据えたタイムリーな情報を元に、理想の賃貸住宅経営に向けた税務ノウハウをご紹介します。

平成30年度税制改正及び平成30年適用開始税制の重要ポイント

土地活用や賃貸住宅経営に関わる平成30年度税制改正及び平成30年適用開始税制の重要ポイントを解説します。

1.小規模宅地等の特例の適用要件の見直し
(1)持ち家に居住していない者に係る特定居住用宅地等の特例の対象者の範囲から、次に掲げる者を除外することとされました。
・相続開始前3年以内に、その者の3親等内の親族又はその者と特別の関係のある法人が所有する国内にある家屋に居住したことがある者
・相続開始時において居住の用に供していた家屋を過去に所有していたことがある者

(2)貸付事業用宅地等の範囲から、相続開始前3年以内に貸付事業の用に供された宅地等(相続開始前3年を超えて事業的規模で貸付事業を行っている者が当該貸付事業の用に供しているものを除く。)を除外することとされました。

※これらの改正は、平成30年4月1日以後に相続又は遺贈により取得する財産に係る相続税に適用されます。ただし、(1)は、「平成30年3月31日時点で改正前の適用要件を満たす宅地等」を平成30年4月1日から平成32年3月31日までに相続又は遺贈により取得する場合には適用されません。また、(2)は、平成30年3月31日以前から貸付事業の用に供されている宅地等には適用されません。

2.平成30年より「地積規模の大きな宅地の評価」が適用開始
詳細を見る
3.2022年に向けた都市農地税制等の整備
詳細を見る

土地活用関連の税務

土地活用を成功へと導くための、専門家ならではの税務ノウハウと知恵をご紹介します。

土地有効活用による税効果

  • 固定資産税や不動産取得税の軽減
  • 相続税の軽減

こんな手法もある土地有効活用

  • 特定の事業用資産の買換え特例を活用した対策
  • 法人名義で建築することのメリット・デメリット
  • 定期借地か定期借家か そのメリット・デメリット
  • サービス付き高齢者向け住宅の税制メリットと建設補助金

税金に関してよくある勘違い

  • 不動産の取得者名義の勘違い マイホームを取得するときの名義は共有にしておくと有利?
  • 賃貸アパート・マンション建築に伴う借入金の勘違い 借入金があれば相続税は安くなる?
  • 物納に関する勘違い 借地人に賃貸している貸宅地は物納できない?

特別編

  • 住宅取得等資金に係る 贈与税の非課税特例
  • 空家等対策推進法のポイントと対策
  • 相続等により取得した空き家の譲渡所得3,000万円特別控除の特例
  • 広大地評価から「地積規模の大きな宅地の評価」へ
  • 2022年問題をめぐる都市農地税制と特定生産緑地

積水ハウスの土地活用実例見学会に参加する