STEP5:安定経営に向けて

将来にわたる安定経営のためのリスクヘッジ

賃貸住宅経営は管理を中心に様々な業務が発生します。

賃貸住宅経営に纏わる業務のサポート

信頼できる会社に依頼することが、合理的で安心です。

「一括借上」で空室リスクを解消。

賃貸住宅全体を一括で管理会社へ貸すのが「一括借上」です。煩わしい業務から解放されるだけではなく、空室が発生したときも一定の家賃が保証され安定経営につながります。

「一括借上」のイメージ

建築会社により異なるアフターサービスや保障制度

品確法により新築住宅の構造部分については、10年間の保証が建築会社などに義務付けられています。しっかりしたアフターサービスや保障制度があれば建物の性能や資産価値を維持するうえで安心であり、安定経営にもつながります。構造躯体には、積水ハウス独自の20年保証制度を適用。その後の保障制度の継続もユートラスシステムで対応できます。

積水ハウスの「20年保証制度」と「ユートラスシステム」

まとめ:賃貸住宅経営は長期にわたるものです。

建物の品質に優れていること、また定期的なメンテナンスで余分な補修費を抑え、建物の耐久年数や大規模修繕のサイクルを延ばすことが採算性を向上させます。

安定経営のためには、建物の建築と同時に後々のサポートまでしっかりと任せられる企業をパートナーに選ぶことが決め手です。

btn_basic_course_back01