Works07 道行く人の目を奪う、邸宅の陰影。

Works07 道行く人の目を奪う、邸宅の陰影。

気高く、ゆかしく。

杜の都・仙台。人気の高級住宅街に建つこの建物が目指したのは、周囲の住宅と美しく調和する気品と、道行く人の憧れすら喚起する存在感でした。道路に対して奥まった配棟と樹影を写しこんだ風格のあるファサード、暮らす人の心を満たすデザイン性によって気高さと、ゆかしさとをあわせもつ邸宅感のある佇まいを完成させています。

入居者の心を満たし、街に愛されるデザインへ

拡大する

端麗な陰影を添える自然石のファサード

建物の顔ともいうべきファサードは、重厚感のある自然石張りと、軽やかなL型のバルコニーの端正な佇まい。近隣への配慮から、建物は敷地の南に配棟しクランク状にしたことでいっそう邸宅らしい趣となりました。

拡大する

落ち着いた色調とモザイクタイルの華やぎ

エントランスホールは、落ち着きのあるブラウンで整え、来訪者を迎える位置には、オーナーさまと吟味した美しいモザイクタイルを配しました。フロアごとに色を変えて各住戸の玄関にもモザイクタイルをあしらい、個性と統一感を出しています。

拡大する

分譲マンションにも劣らないコンセプトルーム

全12戸のうち2戸は、建物全体の印象をリードするコンセプトルームに。アイランドキッチンのある18畳のLDKは高級分譲マンションにも匹敵する豊かな空間。住戸の広さにメリハリをつけることで高級感と収益性とを両立しています。

拡大する

ラグジュアリーホテルを思わせるシースルーのバスルーム

コンセプトルームのもう1つの特徴が、L型のバルコニーに面したシースルーのサニタリールームです。バスルームから街が一望できるつくり。足元のタイルや戸建て仕様のバスが、贅沢な時間を演出します。

拡大する

ゆとりの空間が入居者を魅了する

折れ戸のワイドサッシを全開口できるバルコニーは、LDKとの一体感も高く、もう1つのリビングとして使える空間としてデザインしました。すりガラスの腰壁で外部の視線を避けながら、心地よい風と光、開放感が味わえます。

建築地 宮城県仙台市
敷地面積 871.39㎡
規模 1棟12戸
駐車場 10台
構造 重量鉄骨βシステム構法
間取り 1LDK(7戸)
2LDK(5戸)
竣工 2015年5月

担当チーフアーキテクト メッセージ

長く選ばれ続ける賃貸住宅のために敷地全体で生み出す環境を考えて設計しています。

将来まで選ばれる賃貸住宅のためには、入居者にも街にもいい環境を、敷地全体で創り出すことが必要だと考えています。今回の設計は、そうした考えをオーナーさまに共感していただき、個性的なL型の敷地形状を活かして実現しました。
同じ敷地は2つとありません。その土地に合った最大限の設計は何か、オーナーさま、入居者さま、近隣のみなさまに喜ばれ、土地の価値を高める設計は何かを、常に問いかけながらこれからも設計をしてまいります。

他の作品一覧

Page Top

設計依頼

カタログ請求